OPP袋とCPP袋の違い

OPP袋やOPP封筒のOPPとは、Oriented Polypropyleneを略したもので、正式名称は2軸延伸ポリプロピレンで、ポリプロピレンを縦横方向に延伸して、透明なフィルム状にしたものがOPP袋やOPP封筒になります。
OPP袋やOPP封筒はすでに延伸しているために、強度があってこれ以上引っ張ってもほとんど伸びることはありませんが、フィルムを接合している部分は裂けやすいという特徴があります。
OPP袋の特徴は、その他にも透明度が高くて光沢があるところで、耐熱性に関しては130度ほどありますが、冷温環境下では強度が落ちるというものがあります。
OPP袋は液体や粉末などを入れるには適していませんが、それ以外の商品を入れて販売するのにはかなり適しているため、いろいろな小物を販売する時に重宝されています。

OPP袋と同じように、小売商品を販売する時に良く使われているものにCPP袋というものがありますが、CPPはCast Polypropyleneを略したもので、正式名称は無延伸ポリプロピレンと言います。
見た目はOPP袋と同様に透明で見分けがつかないと思いますが、OPP袋とは違って触ってもパリパリ感はなく、滑らかで伸びやすいのが特徴となっています。
OPP袋ときちんと比べると、若干透明度が落ちますが、専門家がきちんと見れば分かる程度のものです。
また耐熱性は130度以上あり、OPP袋よりもヒートシール性に優れているのも大きな特徴です。
さらにOPP袋と比較するとフチが裂けにくいのも特徴となっています。

このようにOPP袋もCPP袋も同じ透明の袋であり、いろいろな商品をそれに入れて多くの業者が販売していますが、それぞれの特徴を考えて使用する袋を選んでいます。
例えばCPP袋の場合はひっぱり強度もありフチも裂けにくいので、厚みのある本や雑誌を入れるのに適していて、実際にカタログなどを郵送する時に幅広く利用されています。
厚みのない小雑誌などはOPP袋が使用されているケースも目立ちますが、いずれにせよDM用で使用されている透明袋は、基本的にはOPP袋かCPP袋のどちらかになります。
小売り用やDM用の透明の袋や封筒を探している方は、それぞれの特徴を考えて、利便性の高いものを選んで使用するようにして下さい。
どちらも安く購入できるので、とても使いやすくなっています。